原爆記念日

昨日、8月9日は皆さんご存知の通り長崎の原爆記念日でした。

私自身が長崎市出身ということや、父が原爆被爆者でしかも爆心地にかなり近い場所で被爆したということもあり、
原爆などの核兵器や、戦争そのものを許してはいけないという気持ちは、
それなりに強くもっていると思います。
しかし、63年という歳月が流れ、被爆者がどんどん高齢化していくにつれ、なんとなく影が薄くなっていくことに
危機感を抱いていることも事実です。
長崎に住んでいるときは、小学校のときから8月9日には原爆に関する映画を見たり、皆で感想文を書いたり、
高学年になったときにはそれぞれ分担して文献を調べて発表しあったりしていた記憶があります。
大人になってからは、8月9日の11時2分にはサイレンがなったり、教会の鐘が響いたり・・・
普段はなかなか落ち着いて平和について考えることはないけど、
この日だけは、特別な日という思いはありました。

ところが、昨日は同じ長崎県内の佐世保にいるというのに、気が付いたら11時10分。
あれっ サイレン鳴らなかったよね
いくらビルの中とはいえ、救急車のサイレンでも聞こえるので、鳴っていたら気づくはず。
あまりにもいつも通りであることに、逆に驚いてしまいました。
夜、テレビで放映していたのですが、
別の県に住んでいる小学生が親子で10組、長崎市に招待されて原爆の集材記者として、やってきて、
原爆資料館で被爆者の話を聞いたり、市内の小学校の同じ学年の子達と一緒に
平和学習に参加したりしていました。
その子は、学校でも原爆の話を今までほとんどきいたことがないらしく、
その子が住んでいる市では、以前購入された平和に関する教材、資料がほとんど使われないまま、
ダンポールの中に山積みで放置されていました。
私は子供の頃に原爆資料館を訪れたり、本や映画をみたりしたときの衝撃的な写真は、
ずっと忘れることはありません。
いくら国同士の均衡のためとか、武装のためとか言っても、
それがどんなに残酷でしかもどれだけ長く人を苦しめているのか、
長崎市だけでなく長崎県から全国へ。日本から世界へと発信し続ければならないのではないでしょうか。
なぜなら、世界のなかで広島と長崎だけが体験したことだからです。
今、原爆についての危機感が風化しかかっていると感じるのは、私だけでしょうか?
原爆記念日にふと、そういうことを感じたりしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック